YouTubeチャンネル作りました

おかげさまで登録者8000人超え!
まぁ覗いてみてください('◇')ゞ

チャンネル登録よろしく!

カマスの寿司(握り)の作り方

この記事ではカマスを握りにする手順を紹介します。

カマスにも種類がありますが、この記事で握りにしてるのはアカカマス(本カマス)になります。

テキストより動画の方が伝わりやすいので宣伝させてください。見れる環境にある方は動画をご覧くださいな。

それでは解説していきます。

スポンサーリンク

カマスを三枚におろす

かますの三枚おろしは詳しく解説してる記事があるので、そちらを参考にしてください。めっちゃ丁寧に解説してます。

カマスのさばき方(三枚おろし)と炙り刺身の作り方

まずはカマスを三枚におろします。↓の写真の向きにカマスを置き、腹→背の順に包丁を入れます。

反対の身は、背→腹の順に包丁を入れます。

身をおろし終えたら腹骨をとり、血合い骨を抜きます。

カマスは魚体が大きくないので、歩留まりを考えると骨を抜く作業は必須になります。

水分が多い魚なので軽く抜いておく

カマスは水分の多い魚なので軽く振り塩して水分を抜きます。

振り塩して水分を抜くと、モチモチ感が強くなるので苦手な方はそのままでもOKです。

手順は簡単で、薄く塩を振り5分~10分ほど置いておきます。そうすると水分が出てくるので、出てきた水分を流水で洗い流し、しっかりと水を切ります。

ネタに切り付ける

水分を抜いたら寿司ネタ用に切り付けます。写真は皮を引いてネタに切り付けてます。

寿司ネタは切りながら大きさを確認してください。シャリに乗るのをイメージして、仕上がりがどんな形になるかイメージしながら切り付けます。

どんな寿司にしたいかをイメージしながら切り付けます。

カマスの炙り握りの作り方

カマスの握りと言えば炙りが美味しいと耳にしますよね。

炙りの作り方は簡単で、皮目を炙るだけです。はい。トーチバーナーあると便利です。

【Amazon.co.jp 限定】新富士バーナー パワートーチ ガスバーナー 日本製 炙り調理 溶接 火力調節 火口径:22mm 小型 ブラック RZ-730SBK
経済的なカセットガス式でありながら、点火直後に逆さ使用をしても生火が出ずに安全。 点火後のプレヒート(予備加熱)が不要なので、ガスの消費を抑えることができ、経済的な燃料をさらに経済的に使用することができます。 作業効率の向上と経済性を両立した第三世代のカセットガス式パワートーチです。

軽く焦げ目がつく程度に皮を焼いたら寿司ネタに切り付けます。ちなみに寿司ネタに切り付けてから皮を炙ってもOKです。

あとは握るだけ。

カマスは生で握っても美味ですし、炙りの握りも最高です。個人的には昆布締めにして握り、柑橘絞って食べるのが好みです。

最後に宣伝です。YouTubeで分かりやすく解説してる(つもり)ので良かったらご覧くださいな。

関連記事でござる

カマスのさばき方(三枚おろし)と炙り刺身の作り方

カマスを塩焼きにするさばき方!実はとびっきり美味しい魚です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました