コスパの良い飲食店まとめを加筆・修正しました。

ターゲットを定めることは集客アップにつながるって知ってる?

品質を高めるだけで集客できる時代は終わってしまいました。

というのも、よく外食する方にはわかると思いますが、今やもう、そこそこの品質を提供しながら低価格で提供しているお店なんて山ほどありますよね。

そんな理由からか、「高品質なものを提供する=顧客が増える」ではなくなっています。

いま顧客を増やすには「顧客にとって最適なサービス」を作る必要があります。最適なサービス。

いや、そんなこと言っても色んな客がいるのに最適なサービスとか分からんやろ。

色んな客を想定すると、そりゃ分からないさ。だからこそターゲットを絞るのよ。

すべての顧客に満足してもらうサービスを考えるのは難しいけど、特定のターゲットに満足してもらうサービスを考えるのなら難易度は下がります。

ターゲットを想像し、サービスや商品を考えることで得られるメリットは非常に多い。

ここ最近、焼肉にはまっていたので、焼肉を例にいっしょに考えてみましょう。

スポンサーリンク

最適なサービスを考えてみる

まずは全くターゲットが定まっていない状態から。

焼肉が食べたい人

これだと、ターゲットが広すぎるので肉を用意して食べてもらう。といった風に想像しにくいですね。

おなか一杯焼肉が食べたい人

おなか一杯肉を食べたい人にターゲットを絞ったことで最適なサービスが想像しやすくなりました。
食べ放題にして満腹になってもらいましょう。

肉をたらふく食べて、アルコールも飲みたい

アルコール+肉が欲しい人に絞ったので、食べ放題+飲み放題が最適なサービスになりました。

このようにターゲットを定めることで最適なサービスが違ってきます。

もっと深く考えてみましょう。

夫婦二人で週末に来店し、旦那はビール好き、妻はアルコールNGだがドリンクは飲みたい

夫婦二人で来店し、旦那は肉+アルコール、妻は肉のみにターゲットを絞ります。こうなるとサービスの細分化が必要になってきますね。

1.食べ放題のみの料金設定(食べ放題&飲み放題のコミコミ料金ではなく)
2.プラス料金で飲み放題にもできる
3.ドリンクのみの料金設定

親子の家族4人で来店、子供は小学1年と生後9か月

夫婦だけでなく子供連れでの来店をターゲットにしたことで、サービスをもっと細分化する必要がありますね。

1.食べ放題のみの料金設定(食べ放題&飲み放題のコミコミ料金ではなく)
2.プラス料金で飲み放題にもできる
3.ドリンクのみの料金設定
4.4人家族限定のファミリーパック(例えばです)
5.子供用のメニューやサービスの充実
6.離乳食のサービス

想像するとキリがないのでここら辺にしておきます。こうしてターゲットを設定して考えることで最適なサービスが見えてきます。

へぇ~。なんとなく分かったけどターゲットを絞ると、ターゲット以外のお客が離れるんじゃ?

相変わらずお前は考えが浅いのぅ。

ターゲットを絞ると集客アップにつながる

勘のいい方は気づいたかでしょうが、ターゲットを絞るほどサービスの種類や商品は豊富になります。

結果としてターゲット以外の層にもアピールできるようになるんです。

商品やサービスはすべての人に支持してもらえるように作るより、特定の人に深く共感してもらえるように作るのがベスト。

広く浅くではなく、狭く深いサービスや商品をつくっていきましょ。

顧客のイメージがわかないから

何を充実させればいいのか、どんなサービスを作ればいいのか分からなくなり、安易に価格競争にとびこんでしまうのです。

近辺の似たような飲食店やサービス、または商品を見つけて、それより安く提供する。単純に安さという価値だけで勝負する。

こんな競争で勝利をおさめても自分もボロボロになっているはずです。そして価格競争はレッドオーシャンなので息つく間もなく次の相手が現れるでしょう。

ターゲットを意識して、最適なサービスをつくり、満足度を高めて、集客につなげてくだされ。

ここ最近、巡ったお店が違和感あるところ多かったので、生意気にも書いてみました。

いつもの通り便所のラクガキくらいに思っておいてください。それではまた。

コメント