飲食店のまとめ作成しました!

何かを決断する時の不安や恐怖を解消するためのたった1つの習慣

何かを始めようと思ったときや、決断するときに不安や恐怖が先だって行動に移せないことってありますよね。

私も今年は妻が欲しがっていたマイホームを購入することになりまして、色んな不安と戦う日々でした。

結果としては不安に思っていたことのほとんどが杞憂に終わりましたが、この不安という感情は精神的にもよくないので、なるべくなら取り除きたいですよね。

今日は不安とか恐怖の正体についてと、それらを解消する習慣について。

まずは「不安や恐怖とは何ぞや」という話から。

スポンサーリンク

恐怖や不安の正体とは

哲学者のラルフ・ウォルド・エマーソンが残した名言があります。

恐怖は常に、無知から生まれる。知識は恐怖の解毒剤である。

引用リンク:リーダーたちの名言集

思わず「なるほど、確かに」と納得した名言。

私がマイホームを購入する際に感じた不安は以下

  • 土地・建物以外の出費はどれくらいかかるのか
  • 地鎮祭、上棟式の費用はどれくらいか
  • ローンにも種類があるが、どのローンが自分に合っているのか
  • 保険はどういったものに入ればいいのか
  • 月々の支払いはどれくらいになるのか

細かいことを入れるとキリがないので大きなものだけリストアップしました。

改めて見てみると不安に思っていることは「知らないこと」だけですね。つまりは不安や恐怖の正体とは無知で間違いありません。

暗闇の中に放り出されて周りが見えない状態で前に進むのは不安ですが、明るい中を進むのなら不安を感じることはありません。

正体不明のものには対処のしようがありませんが、正体がわかっていれば対処するのは簡単です。

では、不安を取り除く方法を具体的に考えてみましょう。不安なときは私は以下の方法をいつも実行しています。

何に対して不安を感じているのか知る

まずは自分が何に対して不安を感じているのかを知ることが必要です。

自分が持っている感情に逃げずに向き合わなければ始まりません。

今月の食費は足りるのか、子供の入学式・卒業式の費用はどれくらいかかるのか、新しい職場の雰囲気はどうなのか、知り合いに勧めるお店はどこがいいのか、などなど。

大事なことなのでもう一度いいます。

自分は何に対して不安を感じているのか?

これをよーく考えてみましょう。

当たり前ですが問題を解決するには「問題はなにか?」を知る必要があります。

どんな問題があるから不安があるのか。自分を不安にしている問題を知ることから始めます。

問題さえわかれば後は行動あるのみです。

徹底的に調べる

今やネット上にある情報で問題の99%くらいは解決するくらいまで来ている。あとは情報を得る側のリテラシーの問題になってきています。

情報の取捨選択ができる人ならネットを利用すればいいのですが、問題はできない人。

誤った情報なのか、それとも正しいのか判断がつかない人は、調べれば調べるほどに迷ってしまう時代になりました。

テキストで情報を得ることができる人はネットを利用して、自分が持っている不安について徹底的に調べてください。

それができない人は以下のことを実行してみましょう。

実際に体験した人に会いに行き話を聞く

これは体験した人でなくとも、その分野に関して深い知識を持っている人が知人にいるなら会いに行ってください。

明日とか来週とか来月とか言わずに、今すぐにです。

そして自分が不安に思っていることを正直に話してみてください。実は私、幼いころサンタクロースが怖かったんです。

だって誰にも気づかれずに枕元に来れる能力がある人物ですよ?

そんなんできひんやん普通。だからサンタクロースについて調べました。まだネットもない時代でしたから、とにかく話を聞いて回りました。

そしてサンタクロースをやったことがある人物に話を聞くことができました。そこから人物像がわかって不安はウソのように消えました。

なんだかよく分からないから恐怖を感じるし不安になる。だから知っている人に話を聞きに行く。対象となるものを理解することで不安は解消できる。

不安を解消するには実際に経験したことのある人に話を聞くのが一番。

実際に体験した人と話をすることで得られるものは不安の解消だけではありません。

デメリット・メリットが明確になる

家を建てるのが不安な人は実際にマイホームを購入した人の家に遊びに行ってください。

結婚するのが不安な人は、実際に結婚して幸せそうな人のところに遊びに行ってみてください。

子供を産むのが不安な人は子供を産んだ人に話を聞いてみてください。体験した人に話を聞くことでメリットやデメリットが明確にわかります。

人は知らないことは想像できません。これはもう間違いのない事実です。

体験していないのに人に話ができる人は「わかったような気になっている」状態です。

出産を経験した人にしかわからないことがある。子育てをしているにしかわからないことがある。

これらを経験していない人には想像することはできないのです。だってわからないですから。

だから体験した人、経験した人に話を聞くのが不安を取り除く一番の近道となります。

不安や恐怖を解消するたった一つの習慣は「調べること」

恥ずかしいから、めんどくさいからといって、その場しのぎで相手の言うことに従っていると大きな損をしてしまいます。

これは私が経験済み。

そうです。経験したから言うのです。自分が知らない話を進めるときには「後日返事をします」でいいのです。

後悔しないためにも、失敗しないためにも、調べる習慣をつけること。

何かを前に進めるときに不安がついて回るのなら、それは「調べる」という単純なことができていない証拠です。

不安とは無知からくるもの。無知=未知になりますから、しっかりと情報収集して不安をとりのぞき、よりよい決断ができるようになると良いですね( ^ω^ )

それじゃぁまた。

のんべえが若い時に知っていたかった話
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
大隅ぶらりログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました