飲食店のまとめ作成しました!

仕事以外の収入があるのなら「田舎暮らし」は最強だなぁと思ったでござる

はい、写真は妻の実家で熊本県のとある場所。

多忙だったお盆商戦を終え、リフレッシュも兼ねて帰省してきました。2泊3日の旅でしたが、

  1. 食べて飲む
  2. 昼寝
  3. 食べて飲む
  4. 就寝

これのループ!最高の旅ですわ!ははは!!!あ、そうそう、手土産に「やねだん」を持って行ったのですが知ってます?やねだん。

義父が好きなので探してたのですが中々見つからず….出発前日に滑り込みセーフで手に入れました。

見つけてくれたKさんには感謝してますwちなみに10年寝かせた「やねだん」らしく、義父に伝えたところ飲むまでは丁寧に寝かせておいてくれました。

ほら、枕と毛布も準備してくれてね。お酒を寝かすのなら布団と毛布は必須だしね!※1時間後にはあけましたw

ここからは毎年恒例のパターンで、夏といえばBBQ!花火!

自然の中で食べる肉は最高!そして花火職人(自称)の素敵な花火。

「花火はまとめて打ち上げるのが素敵ばい!」 by花火職人(自称)

しばらく楽しめる量の花火が20秒だったことは内緒にしておきます。

しかし幸せな帰省でしたね(笑)祖母の料理もうまいこと。妻にはしっかりと伝授してもらわないと。

胸いっぱい、幸せいっぱい、満足感満載の帰省になったわけですが、改めて「田舎暮らし」は最高だなぁと思いました。

スポンサーリンク

光熱費を除けば0円生活が可能な環境

限界集落に住んでいる人では珍しくもないでしょうが、こういう地域に住んでいる年配者は本当にお金を使わない。

主食となる米と野菜、これらは自作しているので自給自足の生活が成り立つ。

そして色んな料理法を熟知しているので、1つの野菜でも様々な料理をつくることができる。

妻の祖母は具だくさんで最高のみそ汁を作ってくれるのですが、具は自作の野菜がほとんど。というか全てと言ってもいいですな。

朝食、昼食は自作した野菜で作った漬物、みそ汁、高菜、白米ですませ、夕食は野菜の天ぷら、煮物、から揚げなど。

まさに私が理想とする自給自足の生活!!

年金暮らしであれば最高の環境といえます。独自の収入減があるのならガチで月10万くらいの収入で貯金できる環境かも知れません。

雇用の問題はありますが、自給自足の田舎暮らしこそ最強の自己防衛なのかも知れませんね。

ではまた。

どうでも良い雑記みたいなもの
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
大隅ぶらりログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました