飲食店のまとめ作成しました!

「20代の時は何をすればいいですか?」という質問が面白かったので考えてみました。

少し前のことになりますが会社の後輩が、

「毎日が面白くない。のんべえさん20代のときは何をすれば良いのですか?」

と質問してきました。

何をすればいいのかは人によって異なりますし、たとえ目標があったとしても「どうすればいいか?」の正解なんてないので返答のしようがないのが事実です。

私が世間に名の知れた成功者であるならば何かしらのアドバイスも出来たのでしょうが、そこら辺に溢れている普通のサラリーマンの私に助言などできるはずもありません。

結局は助言はしませんでしたが、質問自体が面白かったので20代はどういう風に生きて行けば良いのか、そして自分が20代のころはどんなだったか考えてみました。

スポンサーリンク

たくさんの可能性を秘めた20代

私が20代のころといえば仕事に本気で取り組み、出世することを目標とし、会社で名を上げることばかり考えていたように思います。

人の気持ちなど考えず、周りとうまくやろうという気持ちは微塵もなく、振り返ってみると多くの人を踏み台にしてそれなりの地位に就くことが出来たのかも知れません。

最終学歴が「中学卒業」の私はコンプレックスからなのか、ひたすら本を読み、時間を取り戻すかのように勉強し、寝る間も惜しんで働いていた時期があります。

今にして思えば「学歴は社会に出れば関係ない」という理論を証明したかったのかも知れません。

そうした経験により多くのものを得て、それと同時に失ったものも少なくはありませんが、当時の仕事の業界知識においては高卒、いや大卒にも勝るほどの知識、技術を手にすることができました。

とにかく前を向き、ひたすら学んで努力することにより、とんでもないスキルアップが可能なのが20代なんじゃないのかな、と思っています。

そういう意味では、まだ吸収能力のある20代というのは可能性に満ち溢れた世代といえます。

果敢にチャレンジし、失敗を恐れず、無謀ともいえることにチャレンジできるのが20代なのでしょう。

1度きりの人生、私も20代のころにもっとチャレンジしても良かったと悔いることもあります。

なので後悔のないように、やりたいことがあるのならチャレンジしておいた方がいいかも知れませんね。

 失敗したとしても誰かが手を差し伸べてくれる20代

明らかに無謀なチャレンジで失敗に終わったとしても「誰かが救いの手を差し伸べてくれる」のは20代の特権です。若気の至りというやつでしょうか。

そういうチャレンジすることが可能な20代のうちから「会社が悪い、上司がクソだ、世の中が悪い」などと、チャレンジできない理由を他に押し付けているのは、時間の無駄だと30代になったいま思います。

会社に、そして社会に貢献するには、好きを見つけるには、趣味を極めるには、などと様々なことを考え、悩み、時には失敗し、そして反省しながら前向きに進んでいくことで、その後に控えた30代を充実したものにできる可能性を高めると私は考えます。

大切なパートナーと出会い、子供という宝を授かり、30代に突入すると今まで見ていた景色がすっかりと変わってしまいます。

守るものが出来たときリスクを取ることが怖くなってしまうんです。だからこそ身軽な20代のうちにチャレンジ精神をもち、奢らず、謙虚に、そして学ぶ姿勢を忘れないようにしてほしいものです。

これからの日本社会は明るい見通しはないにしても

今のところプラス材料もないので日本の未来は暗いと言えるでしょうね。衰退していくと思いますよ。

ですが、だからといって悲観的に考えていても何も生まれないというのも事実としてあります。

日本は衰退する、社会はよくならない、自分一人が頑張ったところで何も変わらない、という気持ちになるのではなく、中堅の30代や40代、そして元気な20代が高い意識をもち、自分に何ができるのかを真剣に考えたとき国は動くのかも知れませんね。

最後は話が逸れ、まとまりのない記事になりましたが、私が考える20代の生き方はこんな感じだと、ぼんやり思って頂ければ。ではまた。

どうでも良い雑記みたいなもの
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
大隅ぶらりログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました