コスパの良い飲食店まとめを加筆・修正しました。

【鹿児島市】お乃湯を利用して霧島市の家族湯のサービスが素晴らしいと気づかされるの巻。

新年度、初詣もかねて一泊のプチ旅行に行ってきましたよーん!

記事の内容とはまったく関係ないけど、やっぱ旅行するなら綿密に計画をたてていくのが最高ですわ。

今回は全ての計画を綿密にたてていたので(ほとんど妻が)、ほんとスムーズに楽しむことができました。一泊旅行でも計画している方は前もって計画しときなはれや!

で、本題ですが、温泉大好き夫婦としてはプチとはいえ「旅行」というなら、そりゃ温泉は外せません。

そこで市内の貸切湯を検索したところ「お乃湯」が何やら人気のようなので、そこに行くことに決めました。

スポンサーリンク

鹿児島市のお乃湯

鹿児島市内には貸切湯自体がすくないようで、検索しても数件しかヒットしません。

「鹿児島市 貸切湯」で検索すると、私の大嫌いな愛してやまないnaverまとめがヒットし、12選と書いてありますが鹿児島市内の温泉ではないものが大半でした。

そんな中、ランキング1位が鹿児島市の「お乃湯」になっているではあーりませんか!

後々考えてみると、これで自分の中のハードルが上がっちゃったのかなぁ。。

到着してみると想像以上の人気っぷり!

到着すると駐車場がほぼ満車。大浴場もあるようで中は混雑しまくり。

ほんと運よく貸切湯が空いていて入ることができました。あ、写真は入り口のものです。

受付の方に「空いてますか~」と尋ねると「2階のたんぽぽが空いてるよ~」と嬉しい返事が!!ひゃっほぅ!

という流れで、いざ「たんぽぽ」へ

ここ、お乃湯の貸切湯はいくつかあるようですが、たんぽぽは階段を上がって2階になります。

詳しくはお乃湯のホームページを参照してください。改めて見てみると「うめ」がよさそうですね。他は似たり寄ったりといった感じ。

貸切湯の料金は2000円~2500円になっていて、全て利用時間は1時間となっています。いずれも畳の休憩室があるようです。

中はこんな感じ「たんぽぽ」

6畳の休憩室がこちら。近くに民家(?)のようなものがあったので、着替えの際にはカーテンは閉めたほうが良いでしょう。まぁ当たり前ですが。

お風呂の他にトイレ、1人用のサウナがありました。

電源がOFFになっているので、利用する方は上にある電源をONに。熱さは調整できるようになっていました。

肝心のお風呂はというと家庭用を少し広くした感じで、シンプルな造りになっています。

もちろんシャワーも↓

1つ注意点がありまして、最初はめちゃくちゃ熱いのでお湯をかぶる際は注意が必要。これまじで。

エアコンは料金が必要になっています。

100円入れると電源が入る仕組みになっているようです。夏場は必須なので覚えておきましょう。

普段は霧島市の貸切湯を利用していますが、霧島市ってサービスのレベル高いのかも。

やっぱ競争が激しいことも影響してか、霧島市の貸切湯はサービスっぷりが半端ないですね。

お乃湯が悪いというわけではなく、恐らくこれが普通の温泉のサービスだと思いますし。そうじゃなきゃ、こんなに混雑するわけないし。

地域に貸切湯が少ないこともあるのでしょうが、普通に考えて貸切湯ってこんなものですよね。

逆に霧島市の温泉がサービスレベルが高すぎるのでしょう。2000円以内で内湯、露天が楽しめて、さらにスキンケアを利用できるとか神でしょ。

改めて霧島市の貸切湯が素晴らしなぁと思えましたとさ。ちゃんちゃん。

コメント