飲食店のまとめ作成しました!

【必見!】先日ネット販売について書きましたが何でもかんでも売っていいわけではないので注意。

写真は記事内容とまったく関係ないんだけど、クリスマスも近いので貼ってみました。

ちなみに鹿屋バラ園のファンタジーナイトの写真。大隅地方にもイルミネーションが綺麗な場所はあるので、今年はぜひ行ってみるといい。

さて先日、決済サービスのことを記事にしまして、物販サイトくらいなら数分で、そして無料で作ることが可能だと書きました。

その記事はこちら→【ネット販売をはじめたい方に朗報!】決済サービス「Anypey」が使い勝手がよさそう!

この記事だけじゃ「売れるものなら何でも売っていい」なんて勘違いする人も出てきかねないので、ネットで販売できるもの、出来ないものを調べた範囲で書いてみます。

自身の備忘録もかねて。

スポンサーリンク

インターネットで販売できるもの

私自身、詳しくは調べていない状態ですが調べた範囲で書いていきます。

とりあえずは私が「売ろう」と思ったものについては調べてみました。その他、調べた際には追記していきます。

ハンドメイド

せっかく物販サイト的なものを作ったので妻の手作りピアスを載せましたが、一応、事前に調べてから載せました。

ハンドメイド(手作りの商品)に関しては特に許可はいらないようです。それでも1つ注意点があって、その注意点が「自分のオリジナル作品であるか否か」です。

例えばミッキーマウスとか、アナ雪などのキャラクターものをデザインに入れるとアウト。著作権のあるものに関しては基本的には販売してはいけません。当然ですが。

ただ、これは私もブログの記事で経験があるのですが、完全に自分で考えたオリジナルのものでも、すでに誰かが酷似したものを作成している場合があります。

そこら辺は非常に難しい問題ですが、自分で考えて作った商品であれば遠慮する必要はないと思ってます!

だからとって、”ミッキーマウスによく似たもの”とか、”プーさんに非常によく似た熊”とかはやめてくださいね。

自分で作った野菜

これについては先日も書いたように、自分の田畑で育てた野菜に関しては許可はいらないようです。

これは大隅地方の農家のかたも活用できそうですね。

もちろん市場や農協に出すのが優先されるでしょうが、価格が叩かれたり、二束三文の時期になると考えてみるのも1つの手かも知れません。

さらに、大隅地方に限らず鹿児島県内、というか九州地方では畑を持っている人は大勢いるので、近所に配っても余っている野菜なんかはネットで販売することを考えてもいいかも。

魚介類について

魚介類の販売法については私自身が最も興味がありました。

これに関しては「在庫をもつか否か」でも話は違ってきますし、さらには加工するか否かで違ってきます。

これに関しては、自分がどういった方法で販売したいのか?を把握し、最寄りの保健所に確認するのが最良だと思います。

仕入れた魚をそのまま販売したいのか、それとも開きやフィーレに加工して販売したいのか、それらをしっかりと伝えて答えをもらってください。

自宅の不用品

自宅にある不用品を処分しようと考えたことがある人は多いはず。

オークションなどに出すのが一般的ですが、これについての許可はいらないようです。

ただ、これを「業」にしている人、つまり利益を出そうとしている人は小物商などの許可が必要になるので注意していください。

オークションで落札して転売を繰り返す場合は注意。

現時点で調べたのはこれくらい

現在はこれくらいですが、これから調べたことに関しても追記していきます。

保健所にも連絡を入れて聞いてみましたが、ちょっと曖昧な点があったので後日、また連絡を入れてみます。

ネットを使って販売することで、地方からでも全国に販売することができるようになりました。

しかし、しっかりと事前で調べたうえで販売しないと「知らなかった」では済まない事態になることもあるので、しっかりと学んでから販売することを推奨しておきます。

ではまた。

どうでも良い雑記みたいなもの
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
大隅ぶらりログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました