飲食店のまとめ作成しました!

やっぱり最強の集客は「お客の心を揺さぶる」ことなのかもね。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-12-26-19azinoyokodana

※単なる雑記なので読みたい方だけどぞ。

最終的に、やっぱり結論はここに落ち着きます。過去も未来も、そして現在も、効率のいい集客方法は「人の心を揺さぶる」ことだと思います。

ブログを始めてからというもの、多くの飲食店にお邪魔しています。

そんな中、知人や職場の人間に聞かれたときに、勧めているお店を考えると、感動、喜び、驚きなど、心を揺さぶられたお店ばかりだと気づきました。

さて、皆さんは心を揺さぶる商品づくり、できているでしょうか?

スポンサーリンク

商品づくりが目的になってはいけない

商品づくりは確かに大切。

だけど、どれだけ自己満足度の高い商品ができても、お客の満足度が低ければ、その商品や料理は自己満足になっちゃいます。

素材にこだわりすぎて価格が上がってしまったり、コストを抑えて価格は下がったものの、質が落ちてしまったり。

料理にしても、商品づくりにしても、その先には「お客」がいることを忘れちゃいけない。

お客を満足させるという目的のために、商品をつくるという手段があるんです。

美味しい料理を提供するのも、質の高い商品を低価格で提供するのも、全てはお客のためであり、そして自分のため。

商品づくりの先、つまり「お客の満足」を得ることで

ものすごい集客につながります。

スマートフォン、インターネットの普及で「個人の情報拡散力」が高まっています。今や、雑誌、新聞折り込みなんか比較にならないほど、破壊力のある宣伝になっていますよね。

その個人の拡散力を最大限に活かすには、心を揺さぶることです。

それは、感動であったり喜び、さらに驚きや安心など、心を動かす方法はいくつもあるでしょう。

人は心を動かされたとき、誰かに伝えたくなります。

さらにSNSでの拡散が、折り込み広告や雑誌より強い理由があるんです。

その理由は「誰が言っているのか?」が明確だからです。

このブログもそうですが、顔も見たことないどこの誰なのかわからない人間が「お勧めです!」なんて言うより、友達が、または家族が「お勧め」と言った方が効果は高い。

雑誌の紹介なんて広告費を払ってるので悪いことは書かないし、折り込みチラシはお店を紹介するだけの媒体だから。

今やSNSやネットでの情報拡散は、集客には欠かせないツールになっています。

そして情報を拡散してもらうためには、お客を満足させる商品づくりが必要になるんですねぇ。

というわけで「お客の心を動かす、揺さぶる」商品づくりを

小さな食堂でも口コミや情報拡散を最大限に利用すれば、大手チェーン店にも負けない集客につながると思ってます。

やっぱり私は大手のチェーン店より、個人のお店で「心」のある料理、商品のほうが圧倒的に好きなんです。

さぁ、今からでも遅くないです。自分のお店の商品、料理を見直してみましょう。

最強の集客術は「お客の心を揺さぶる」ことです!

PS.心を揺さぶる料理、商品があったら一報お待ちしております。

どうでも良い雑記みたいなもの
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
大隅ぶらりログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました