YouTubeチャンネル作りました

魚を捌いて15年のベテラン(私)が
週一で手の込んだ魚料理つくってます!

まぁ覗いてみてください('◇')ゞ

チャンネル登録よろしくねん♪

粗利率の計算をしよう!企業は利益なくして存続できない

小売業では欠かせない計算「粗利率」について解説します

スポンサーリンク

粗利率について

そもそも粗利率ってなんですの?

ものすごく簡単にいうと、粗利率とは粗利額(仕入れ原価と売り上げの差額)を売り上げで割ったパーセントのことです。

例えば、仕入れが1000円、売り上げが1500円だった場合、粗利(額)は500円です。

仕入金額売り上げ金額仕入れと売り上げの差額(粗利額)
1000円1500円500円

このように売り上げから仕入れを引いた額のことを粗利額といいます。

売り上げー仕入れ=粗利額

この粗利額を売り上げで割ったパーセントのことを粗利率といいます。

例えで出した粗利額は500円なので、売り上げの1500円で割り100をかけることで粗利率がでます。

500÷1500×100=33.3333333

という計算になるので、仕入れが1000円、売り上げが1500円のときの粗利率は33.3%となります。

粗利額=仕入れ金額と売り上げの差額

粗利率=粗利額を売り上げで割ったパーセント

スーパーの仕事で粗利率のコントロール能力は必須

例えば、あなたが任された部門の売り上げは1000万。

人件費やその他の経費が250万だとします。(これは例えばです)

ということは少なくとも250万以上の利益を出さなければ赤字になってしまいます。

計算方法も分からずに闇雲に価格設定してると、蓋を開けたら赤字でした。

なんて事になりかねないので、計算式をしっかりと覚え利益をコントロールできる人材になってくださいな。 

ちなみに粗利率をコントロールするには値入率を覚えておかないといけないので合わせて読んでね

粗利率を語る前に値入率について知っておかなければなりません。

値入率の計算式を覚えよう!商品の売価を設定する
売上最小化、利益最大化の法則――利益率29%経営の秘密 | 木下 勝寿 | ビジネス・経済 | Kindleストア | Amazon
Amazonで木下 勝寿の売上最小化、利益最大化の法則――利益率29%経営の秘密。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
スーパーで学んだこと全て伝えます
スーパーの仕事
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
のんべえの日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました